大和証券が定年延長、70歳の上限撤廃へ 

現在の多くの会社の定年は60歳です。徐々に65歳定年が増えています。人口減少や少子高齢化の影響などで、定年延長が当たり前の社会です。聞こえはいいですが給与面の実態は60歳を超えると大きな給与カットなどがあり、収入は61歳から大幅に減ってしまいます。年金はというと満額もらえるのは65歳からで、それまではゼロがわずかな金額です。つまり働く定年は延長したものの、給与の定年は60歳という会社が多いのです。
このようなタイミングに大和証券が定年の上限を撤廃すると発表しました。このニュースは還暦近辺の人には朗報です。収入の見通しが立つのです。年金をプラスすれば収入は増えるかもしれません。是非とも他の会社にも広がりを見せてもらいたいものです。
しかし日本の今後を考えるといいことばかりではありません。会社の業績が右肩で上がらない現状では、定年退職者が出ないとなると新入社員を採用できません。若者の働く場がなくなるのです。特に地方では働く場所がなくて田舎を捨て町へ出る若者が多くなっています。地方の疲弊は加速するのではないかと思います。
今思えば厚生年金が有り余ってきたころの色々な投資の失敗が悔やまれます。やっぱり年金制度が確立されないと国は潤滑に回らない気がします。三井住友銀行カードローン 審査落ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です