マッチングアプリで恋人を探しながらでも自分磨きも忘れない

クリスマス
誕生日
1ねんでこの日だけは誰かと一緒に過ごしたい
恋人がいないことを痛感する寂しい日です。
「そんな日にひとりで過ごすなんて嫌」
そんなことのためにマッチングアプリを使う?
というのはちょっと早計かもしれません。

本来、ひとはみんな孤独です。
誰もが自分mの人生は自分で決めて、一人で歩いていかなければならないものなのです、
「人は誰しも孤独なものだ」
そんな自覚があれば、必要以上に孤独を恐れてはいけないのです。

かりそめの恋人や友人の存在では本当の心の虚無感を埋めることはできません。
そんなものはむしろすぐに別れがやってくるものです。
かえって虚しく寂しさをより募らせることになります。

まず自分を愛し、大切にして自信を持つことです。
自分自身に自信が持てるようになったこそ、
マッチングアプリで本当に自分にあった人
を外見や見せかけの優しさに目を奪われずに見つけることが出来るのです。

2年や3年恋人がいなくても
「もう三年も恋人がいない」
と嘆くのではなく
「3年もひとりで自分磨きで高めてきたのだから、次のひとはきっとラッキーな人だわ」
くらい厚かましさも必要かもしれません。

寂しさだけでマッチングアプリを使って恋愛をしていては少し損をしているのかも?
視点を少し変えるだけでマッチングアプリに登録されている人の見定め気もちも変わってきますよ。

すぐに他人と比較してしまう人は、やはり自分に自信がない人かもしれません。
自分に自信があって、自分の世界や価値観を大切にできる人なら寂しさは感じません。
どんなに孤独であっても、自分の世界や価値観を犠牲にしてまでマッチングアプリで恋人を探すことにそこまでの価値はあるのでしょうか?
結局はそれが一番 恋人や障害の伴侶を探すことにおいては大切にしなければいけないことです。

自分の世界や価値観を見直しながら、さらにそれを高める自分磨きを継続していく
そうすればマッチングアプリで恋人や生涯の伴侶を見定める上でお役に立つと思います。

養育費 払わせる方法

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です