いくら優しくtれも夢や欲のない男とは結婚するな

最近は草食系男子という言葉も定着しました。
確かに今の若者には良い意味でも悪い意味でも「欲望」や「行動力」が無くなってきているのも事実です。
女の子とのデートに命を賭けている時代でもあるべき若い男性でも「車はいらない」というのも多いのだ。
「車が買えない」なら理解できるが「車はいらない」では大きく異なります。
「デートはどうすんの?」
てか
「デートの後はどうすんの?」
「まさか電車んも駅で売買?」
と若い男の子に聞くと
「そうすよ」
私は思わず
「えええええええっ」
である。

確かにそんな草食系男子はきっとフェミニストで優しいジェントルマンであろう。
しkさひ、しかしである
「欲望」も「行動力」もない男を結婚相手として選んでよい物だろうか?
女子の中には男勝りでバリバリ働く女性も少なくありあm線。
そんな女子ならば癒し系の相続系男子もいいかもしれない。
でも、多くの女性は男に経済力を求めているのも確かです。
草食系男子にこの厳しい社会を他人を押しのけてでもガツガツ稼いでいくようなガッツは無いのではなかろうか。

「車には興味ない」
「車なんていらない」
そんな男性は結婚相手から外してもいいのではなかろうか。
熊とは女性に対するセックスとお金の二大欲求の要素があります。
そのために車を買うのも大きな目的であり、より目てそうな車を男は選ぶものです。
だからこそ仕事も頑張るし、稼ぎたいと思うものである。

結婚を考えている女性に考えて星野は」結婚した後は夫のステイタスがイコールあなたのステータスになるんです。
出世した夫を持つ嫁はみんなから羨望の眼差しで見られるし、たとえしていなく内助の功を褒められるでしょう。
「この男と結婚してよかった」
そう思えるのは夫が社会的地位を高めた時だと思います。
逆に「優しいから」「扱いやすいから」と出世欲に関心の無い草食系男子を結婚相手に選んだのなら、数年後 周りの夫と自分の夫を見比べた時になんとなく敗北感を感じることは間違いないのだ。
性癖 相性 結婚

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です