男に言ってはいけない3つの言葉

マッチングアプリで出会った新しい彼氏
もう二度と同じ失敗をして失いたくないはないでしょう。
そんなあなたに覚えておいて欲しいこと
それは「男に言ってはいけない4つの言葉」です。

①「わたし、もう若くはないから」
男もあなたのことが好きだったします。
そんなあなたに男は
「ずっと若さを保てる素敵な女性でいて欲しい」
そうおもっているはずです。
彼にとっては若々しい女の子よりもあなたのほうが可愛いのです。
なのに
「若い子と一緒に写真は撮りたくない」
「若い子が来ている服は絶対に着ない」
「短いスカートはもう履かない」
「水着は着ない」

だって・・・
だって・・・
「私はもう若くはないしおばさんだからら・・・」

そんな言葉が彼氏を萎えさせてしまうのです。
最悪そんなことをばかリ言っているとまた別れが来るかもしれません。
少なくとも彼氏の前では年甲斐もなく可愛い女性でいてください。

②男も女も対等、平等だよね
男はとんがっている女性は苦手だ。
苦手というよりも疲れると言った方が正解かもしれない。
確かに男も女も法律的に平等であり対等でもある。
そんなことは男も百も承知である。
それでもあえて
「男も女も対等、平等だよね」
と何度も念を押されると男は困るのである。
少なくとも多くの女性が
都合の良い時には「男も女も平等で対等:
つ後の悪い時は「だって、わたし 女だから・・・」
を使い分けていることは男は知っているからだ。
男と女の間では対等も平等もない。
それを許せるかどうか?
それだけなんです。

③お金がない

欲しいものをさり気なく言ってきて
「おかねがないから」
そんな彼氏におねだりすることはやめておこう。
「お金がない」
それには「男」も「女」も関係ない。
こういう時代だからこそお金がないのは当たり前で恥ずかしくはない時代なのだ。
最終的に結婚を考える時に女性の経済感覚は非常に重要視するのが男なのだ。
「俺の安月給 うまくヤリクリしてくれるかな?」
そんな目であなたを見ているのだ。

結婚適齢期の男女なら
ゴールイン後の生活を想像しながら異性を見るものだ。
※それは幻想にすぐないけれど・・・

だからこそ女性は男性に
「お金がない」
言ってはいけない。
逆に
「これ欲しいんだけど、我慢して貯金する方がましね」
それくらい言っておけば、次の誕生日羽化クリスマスにそれがプレゼントされるものだ・・
実家 解体 費用 兄弟

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です